日常での手首の痛みについて|神奈川区の大口・白楽のゼロスポ鍼灸整骨院・整体院

  • 大口
  • 045-716-6611
  • LINE
  • 白楽
  • 045-438-7276
  • LINE

スタッフブログ

日常での手首の痛み

日常での手首の痛み

こんにちは!

神奈川区 ゼロスポ鍼灸整骨院 大口・白楽です。

テレワークが増えて、外出自粛による運動不足が続いているかと思います。

スマートフォンやテレビゲーム、パソコンを触る機会が増えたことにより、日常的に手首や指に痛みがある方は少なくないでしょう。

近年スマートフォンの長時間利用やリモートワークによるパソコン作業時間増加によって指を酷使することで発症する「ドケルバン病」といった腱鞘炎や、

指を曲げ伸ばしする際に引っ掛かる「ばね指」にかかる患者様が増えています。

 

主な原因

腱鞘炎の主な原因は手首、指の使い過ぎです。

腱鞘炎の「腱鞘」とは、筋肉が骨に付着する部分の腱を包み、腱が滑らかに動くように支える滑車のような動きをする組織です。

この「腱鞘」と「腱」がこすれ合って炎症を起こす病気を腱鞘炎と言うのです。

 

・主に親指の使いすぎで起こる「ドケルバン病」(別名:狭窄性腱鞘炎)

親指の使い過ぎによる負荷により、腱鞘が肥厚したり腱が傷んだりすることで起こる腱鞘炎です。

手の甲に腫れや痛みが起こり、親指を曲げ伸ばしすると腱と腱鞘に狭窄を生じ手首が痛みます。

 

・親指だけではない「ばね指」(別名:弾発指)

ばね指は、指の使い過ぎによる負荷で腱と腱鞘の間で摩擦が起こり炎症が起こります。

摩擦によって腱や腱鞘が肥厚することで指を伸ばそうとしたときに引っ掛かり、ばね現象が起こります。

 

腱鞘炎を起こしやすい人は?

腱鞘炎は指の使い過ぎで起こることから、パソコンのキーボードやマウスなどで操作したり、スマホを長時間操作をする人、ピアノなど指を多く使う楽器を演奏する人、グリップやボールを握るようなスポーツをする人などに多く見られます。

また、更年期の女性や妊娠中、産後のお母さんに多いことも知られています。

そこには、女性ホルモンの分泌が関連している事が考えられます。気になる方は当院にご相談ください!

 

治すためには、、、

腱鞘炎は炎症であるため普通のマッサージでは治りません。

炎症を抑えるためには「自然治癒」が基本です。つまり本当に早く治したいのであれば安静第一です。

ただ、仕事が原因だったり子育てをするお母さんはなかなか安静が取れなかったりしますよね。

どんなにサポーターでしっかり固定して負担を軽減しても手首に負担をかけずに生活をすることはほぼ不可能です。

当院では、そんな腱鞘炎に対して治療として主に、炎症を早期に鎮める治療と自然治癒力を高める治療を行います。

 

上記のような症状にお困りの方は1度

神奈川区 ゼロスポ鍼灸整骨院 大口・白楽にご相談ください!

 
 
  

 

 
 

 

お問い合わせ

ゼロスポ鍼灸・整骨院 大口

ゼロスポ鍼灸・整骨院 大口 045-716-6611

ゼロスポ鍼灸・整骨院 大口 LINE

住所
横浜市神奈川区大口通1-2
アクセス
子安駅から徒歩6分

受付時間

ゼロスポ鍼灸・整骨院 白楽

ゼロスポ鍼灸・整骨院 白楽 045-438-7276

ゼロスポ鍼灸・整骨院 白楽 LINE

住所
横浜市神奈川区六角橋1丁目2-8
クリオ白楽壱番館103
アクセス
白楽駅から徒歩3分

受付時間