季節の変わり目はぎっくり腰に注意!(神奈川区 大口 白楽)について|神奈川区の大口・白楽のゼロスポ鍼灸整骨院・整体院

  • 大口
  • 045-716-6611
  • LINE
  • 白楽
  • 045-438-7276
  • LINE

スタッフブログ

季節の変わり目はぎっくり腰に注意!(神奈川区 大口 白楽)

季節の変わり目はぎっくり腰に注意!(神奈川区 大口 白楽)

こんにちは!神奈川区ゼロスポ鍼灸・整骨院 大口 白楽です。

 

残暑も厳しい日が続きますが、時には気温が少し低い日もあり徐々に秋が顔を出し始めてきています。

 

そんな季節の変わり目はぎっくり腰が増えます

何故なってしまうのか、お伝えしていきたいと思います。

 

人間の体は暑い時期になればその温度に体を必死に合わせようと頑張ります。また、寒い時期になればその寒さに合わせようと頑張ります。

 

そんな体が季節の変わり目にその日ごとの気温差が激しいと常に頑張っている体の状態が続いてしまいます。

気温に合わせて頑張りすぎてしまう状態が続いてしまうと、もちろん筋肉が疲労してし続けます、そうなるとどんどん筋肉は硬くなって限界を迎えてしまいます。

 

そんな体の状態が続いてしまうと硬い筋肉が血管を圧迫して血行不良などを起こし、腰痛ぎっくり腰につながってしまいます。

 

特にこれからの9月から11月が多くなってきます。

暑い時期から寒い時期に変わる、身体の変化が多いタイミングです。

 

特にその日その日で気温の変化がある日が続いてくるとなりやすいので、しっかり気温のチェックなどを行い対策は非常に重要になります。

 

ただ、ぎっくり腰になりやすい方の多くはもともと慢性的な腰痛を抱えている方が多いです。

特に新型コロナウイルスの影響により緊急事態宣言が発令されていて、在宅によるテレワークをされている方も多くいらっしゃると思います。

なので慢性的な腰痛を抱えている方もかなり増えています。

特にテレワークなどにより、職場までの移動や職場内でのちょっとした移動がなくなり座っている時間が極端に長くなってしまい、身体を動かすことがすくなくなってしまい、運動不足による筋力の低下が起きてしまっている方が多くいらっしゃいます。

 

そんな慢性的な腰痛や違和感を減らすことができれば、ぎっくり腰のリスクも減らすことができます。

 

テレワークの影響はなぜ出てきてしまうのかと言うと、先ほども出たように運動不足により筋力低下が起きてしまします。特にその中でもインナーマッスルと呼ばれる身体を支えるために必要な筋肉がだんだんと弱くなってしまします。そうなると日常的にも長い時間姿勢維持が難しくなります。そこからよく言う不良姿勢になってしまいます。不良姿勢でちょうじかんいることがあると、腰の筋肉が緊張した状態が続いてしまい痛みや違和感を感じる慢性的な腰痛になります。

 

神奈川区 ゼロスポ鍼灸整骨院 大口・白楽では、そんな慢性的な腰痛でもぎっくり腰でも、まずなぜ痛めてしまったのかを、

それぞれの仕事や趣味・スポーツ等の日常生活の動きから分析を行い、その中でもゆがみなどを起こすような原因になっている問題を見つけ出します。

 

そのうえで、ハイボルトという電気を使う施術や当院オリジナルのゼロ整体での施術を行い、再発のリスクを少しでも減らすためにも痛みを取るだけでなく、原因の改善を行い、身体をゼロの状態にすることが大切です。

神奈川区で腰痛やぎっくり腰でお悩みの方は神奈川区 ゼロスポ鍼灸整骨院 大口 白楽まで一度ご相談ください!

 

 

お問い合わせ

ゼロスポ鍼灸・整骨院 大口

ゼロスポ鍼灸・整骨院 大口 045-716-6611

ゼロスポ鍼灸・整骨院 大口 LINE

住所
横浜市神奈川区大口通1-2
アクセス
子安駅から徒歩6分

受付時間

ゼロスポ鍼灸・整骨院 白楽

ゼロスポ鍼灸・整骨院 白楽 045-438-7276

ゼロスポ鍼灸・整骨院 白楽 LINE

住所
横浜市神奈川区六角橋1丁目2-8
クリオ白楽壱番館103
アクセス
白楽駅から徒歩3分

受付時間