• 大口
  • 045-716-6611
  • LINE
  • 白楽
  • 045-438-7276
  • LINE

スタッフブログ

病院でヘルニアと診断を受けた方必見(白楽・大口の整骨院)

病院でヘルニアと診断を受けた方必見(白楽・大口の整骨院)

こんにちは!ゼロスポ鍼灸・整骨院 白楽 大口院です。

このコロナ禍テレワークが主流になりつつある昨今で腰痛は悪化の一途を辿っています。特に腰痛を患っている方で当院でよく相談を受けるのは「医師にヘルニアと診断を受けたけど、どうしたらいいのか」と言う声です。


と言うことで、今回は「どうしたら腰痛やヘルニアを改善できるのか」についてお話ししていきます。

今からお伝えする内容を知れば、煩わしい腰痛を改善できると共に、ヘルニアだけどどうしたらいいんだろう、と言った将来の見えない漠然とした不安感が解決できます。
結論から言うとそれはたった一つ「インナーマッスルをつける」事です。

実際に当院でも施術をしながらインナーマッスルをつけるトレーニングをした方と、施術のみのご希望の方で、症状の改善スピード、卒業までの期間はいつもトレーニングを並行して行った方が早く、期間も施術のみの方に比べれば早くに卒業されていきます。
理由は3つです。「土台がないと体は崩れる」「脊椎の弯曲はインナーが作る」「生活習慣は変えられない」です。

上記理由3つを説明する前に、インナーマッスルとは何かヘルニアとはどういうものかを簡単に説明します。
まずインナーマッスルとは関節を正しい位置で安定させ、正しい姿勢を作る筋肉です。
なのでインナーマッスルが弱い方は、いくら関節位置や姿勢を直しても、それを支えてくれるものがない為、体が崩れてきます。

またへルニアとは椎間板という背骨のクッションが組織の背中側に飛び出し神経を圧迫してしまうもので、背中が丸い方に起こりやすいです。

もうお気づきだと思いますが、インナーマッスルが弱くなるだけで、脊椎のS字の弯曲は崩れ、背中が背骨から丸くなってしまうのです。これがヘルニアと診断を受ける方の最大のリスクであり、長く煩わしい腰痛の原因となります。

最後は生活習慣です。明日からデスクワークは避けてください。重い荷物を持つのを控えて下さい。これはおそらく不可能です。
であれば、気をつけるべきはその習慣ではなく、最中の姿勢や動き方です。
先ほども言った通り、背中が丸いと腰痛になりヘルニアになるリスクは上がります。作業中はしっかりと姿勢を保つ、重いものを持つときは腰を立てる。
でもこれって長時間できないですよね?

よって、腰痛やヘルニアの改善を行うのであれば「インナーマッスルをつける」が重要なのです。この筋肉がつけば、煩わしさや不安な将来の改善、または自由に体への負担をかける力にも動じない外的ストレスから打ち勝てるようにしましょう!

もし他にもこんな事が知りたい!みたいものがあればHPで詳しく紹介していますので見てみてください!

お問い合わせ

ゼロスポ鍼灸・整骨院 大口

ゼロスポ鍼灸・整骨院 大口 045-716-6611

ゼロスポ鍼灸・整骨院 大口 LINE

住所
横浜市神奈川区大口通1-2
アクセス
子安駅から徒歩6分

受付時間

ゼロスポ鍼灸・整骨院 白楽

ゼロスポ鍼灸・整骨院 白楽 045-438-7276

ゼロスポ鍼灸・整骨院 白楽 LINE

住所
横浜市神奈川区六角橋1丁目2-8
クリオ白楽壱番館103
アクセス
白楽駅から徒歩3分

受付時間