梅雨に頭痛が増える原因(神奈川区 白楽 大口)について|神奈川区の大口・白楽のゼロスポ鍼灸整骨院・整体院

  • 大口
  • 045-716-6611
  • LINE
  • 白楽
  • 045-438-7276
  • LINE

スタッフブログ

梅雨に頭痛が増える原因(神奈川区 白楽 大口)

梅雨に頭痛が増える原因(神奈川区 白楽 大口)

6月も中盤に差し掛かりそろそろ梅雨に入ります。

梅雨の時期の身体の不調大丈夫ですか?

じめじめした梅雨は、湿気の高さや気圧の変化から独特の体調不良が起こりやすくなります。

このような気象の変化によっておこる不調を気象病といいます。

主な症状は、、、

□頭痛

□めまい

□耳鳴り

□関節痛

□不眠

今回はその中で最も多いとされている頭痛の解説と当院で出来る対処方法をお教えします!

 

まず、何故気象の変化によって体調が変化してしまうのか、、、

それは一言で表すと自律神経の失調です。

自律神経とは、体調を正常に保つために、呼吸、消化、体温調節、血液循環をはじめ、身体の機能をコントロールしている神経のことを言います。

本来は身体を正常に保つために働く自律神経ですが、気象の変化によって働きが過剰になってしまうことで起こるのが気象病です。

 

梅雨の時期など天気の影響で起こる頭痛として代表的なのは偏頭痛です。

偏頭痛は、

強いストレスや長時間のストレス、自律神経の乱れにより、血管が収縮します。

そこから仕事が終わったりストレスの解放により急速に血管が拡張すると、それが周りの神経に触れてしまい頭痛につながります。

天気の乱れや季節の変わり目、明け方なども自律神経の受容器の変動から上記同様の症状が起こります。

特徴として

ズキンズキンと拍動性の脈を打つような痛みです。特定の部位が痛いのではなく人によって痛む場所が変わるのも特徴です。

 

他にも緊張性頭痛が現れる人もいます。

緊張性頭痛は、

首や肩の筋肉の緊張が高まり、筋肉内や周囲の血管を圧迫し血流を阻害してしまいます。

阻害された血流は滞り疲労物質を流すことはできません。それらが神経を刺激することによって起こります。

特徴として

後頭部がぎゅーっと締め付けられるように痛みます。

猫背などの不良姿勢で長時間パソコンや事務仕事に専念する方に多く、朝方よりも午後や夕方など、仕事終わりにかけて発症します。

 

同じ頭痛でも、気圧の変化によって血管に影響を受ける人、筋肉に影響を受ける人がいます。

それぞれ自律神経のバランスの乱れ方が違い対処法も変わってきます

 

 

治療の流れについて

初心の方は、最初に問診や全身的に身体を検査して、どうして痛みや張り感、こり感がでてしまう原因を探していき、その中で鍼が適応であれば、治療のプランに鍼を取り入れていきます。

しかし鍼で長年の肩こりや腰痛を改善する人もいれば、改善しない人や改善するのに時間がかかる人もいます。

症状を早く改善するために当院では、ロ整体を組み合わせて治療をしている患者さんが多くいます!

ゼロスポ鍼灸・整骨院 白楽・大口ではお困りの症状の改善を行いながら、患者様の生活の質の向上にむけて全力でサポートいたします!

  

 

ご症状でお困りの方は、一度ご相談ください!

治療内容に関してはこちら アクセス・料金に関してはこちら

お問い合わせ

ゼロスポ鍼灸・整骨院 大口

ゼロスポ鍼灸・整骨院 大口 045-716-6611

ゼロスポ鍼灸・整骨院 大口 LINE

住所
横浜市神奈川区大口通1-2
アクセス
子安駅から徒歩6分

受付時間

ゼロスポ鍼灸・整骨院 白楽

ゼロスポ鍼灸・整骨院 白楽 045-438-7276

ゼロスポ鍼灸・整骨院 白楽 LINE

住所
横浜市神奈川区六角橋1丁目2-8
クリオ白楽壱番館103
アクセス
白楽駅から徒歩3分

受付時間